« 宮沢賢治『風がおもてで呼んでゐる』 | トップページ | 小川未明『赤いろうそくと人魚』② »

小川未明『赤いろうそくと人魚』①

note朗読は引っ越しました「橋本美佳の朗読の部屋」

小川未明『赤いろうそくと人魚①』

人魚は、南の方の海にばかり棲んでいるのではありません。
北の海にも棲んでいたのであります。
北方の海の色は、青うございました。
あるとき、岩の上に、女の人魚があがって、
あたりの景色をながめながら休んでいました。
雲間からもれた月の光がさびしく、波の上を照らしていました。
どちらをみても限りない、ものすごい波が、うねうねと動いているのであります。
なんというさびしい景色だろうと、人魚は思いました。


「小川未明童話集」(新潮文庫)小川未明著

diamondお知らせdiamond

note東日本復興支援チャリティコンサート「未来への伝言」
2011年7月29日(金)

自由学園明日館(重要文化財)
昼の部 1時半~  夜の部 6時半~
前売¥3,000  当日¥3,500

2011年7月30日(土)
真言宗 円光院 本堂(練馬区貫井)
午後5時~
会費 ¥3,000

詳細はこちら・・・「VoiceK H・P」
11

チケットのお申込み、お問い合わせはこちらまで。。
どうぞよろしくお願い致しますm(__)m

noteいつも応援ありがとうございます。。
本日も・・・ポチっと応援よろしくお願いしますhappy01
にほんブログ村 小説ブログ 朗読・リーディングへ

|

« 宮沢賢治『風がおもてで呼んでゐる』 | トップページ | 小川未明『赤いろうそくと人魚』② »

小川未明」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1431852/40827471

この記事へのトラックバック一覧です: 小川未明『赤いろうそくと人魚』①:

« 宮沢賢治『風がおもてで呼んでゐる』 | トップページ | 小川未明『赤いろうそくと人魚』② »