« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月

宮沢賢治『風がおもてで呼んでゐる』

note朗読は引っ越しました「橋本美佳の朗読の部屋」

『風がおもてで呼んでゐる』  宮沢賢治

風がおもてで呼んでゐる
「さあ起きて
赤いシャッツと
いつものぼろぼろの外套を着て
早くおもてへ出て来るんだ」と
風が交々叫んでゐる
「おれたちはみな
おまへの出るのを迎へるために
おまへのすきなみぞれの粒を
横ぞっぽうに飛ばしてゐる
おまへも早く飛びだして来て
あすこの稜ある巌の上
葉のない黒い林のなかで
うつくしいソプラノをもった
おれたちのなかのひとりと
約束通り結婚しろ」と
繰り返し繰り返し
風がおもてで呼んでゐる

diamond出演情報diamond

note2011年7月9日(土)・10日(日)
「宮沢賢治へのオマージュ」

大阪府豊中市日本民家集落博物館 「南部の曲屋」
ビデオ放映 07月09日(土) 11時~、13時30分~
朗 読 会  07月10日(日) 11時~、13時30分~
1

note2011年7月29日(金)
東日本復興支援チャリティコンサート「未来への伝言」~ひとりひとり・・ひとりじゃない~
自由学園明日館(重要文化財)
昼の部 1時半~  夜の部 6時半~
前売¥3,000  当日¥3,500
11_2

チケットのお申込み、お問い合わせはこちらまで。。
どうぞよろしくお願い致しますm(__)m

noteいつも応援ありがとうございます。。
本日も・・・ポチっと応援よろしくお願いしますhappy01
にほんブログ村 小説ブログ 朗読・リーディングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

宮沢賢治『なめとこ山の熊』

note朗読は引っ越しました「橋本美佳の朗読の部屋」

『なめとこ山の熊』  宮沢賢治

なめとこ山の熊のことならおもしろい。なめとこ山は大きな山だ。淵沢川はなめとこ山から出て来る。
なめとこ山は一年のうち大ていの日はつめたい霧か雲かを吸ったり吐いたりしている。まわりもみんな青黒いなまこや海坊主のような山だ。
山のなかごろに大きな洞穴ががらんとあいている。そこから淵沢川がいきなり三百尺ぐらいの滝になってひのきやいたやのしげみの中をごうと落ちて来る。 
中山街道はこのごろは誰も歩かないから蕗やいたどりがいっぱいに生えたり牛が遁げて登らないように柵をみちにたてたりしているけれどもそこをがさがさ三里ばかり行くと向うの方で風が山の頂を通っているような音がする。
気をつけてそっちを見ると何だかわけのわからない白い細長いものが山をうごいて落ちてけむりを立てているのがわかる。それがなめとこ山の大空滝だ。
そして昔はそのへんには熊がごちゃごちゃ居たそうだ。

つづきはこちらで・・・→「青空文庫」

diamondお知らせdiamond

note6月18日(土)
「第9回 朗読の日」 銀座博品館劇場
Bグループ(16:00~19:00)出演
1 2
公演のお問い合わせチケットお申込みはお気軽に・・こちらまで。。

note「朗読カフェの時間です!」
「京都三条ラジオカフェ」(FM79.7MHz)
http://radiocafe.jp/←こちらでラジオを聴く事ができます!
毎週金曜日 pm12:07~pm12:10

『6月の放送予定』
6月は宮沢賢治特集です!

6月 3日 「眼にて云ふ」       橋本美佳
6月10日 「白菜畑」       中村幸恵
6月17日 「林と思想」「休息」 西村在子
6月24日 「ポランの広場」「ポラーノの広場」 菊地朋美

noteランキングに参加しています。
にほんブログ村 小説ブログ 朗読・リーディングへ
ポチっと応援よろしくお願いいたしますhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »