« 石橋美紀『流鏑馬』 | トップページ | 宮沢賢治『眼にて云ふ』 »

石橋美紀『The END』

note朗読は引っ越しました「橋本美佳の朗読の部屋」

『The END』  石橋美紀

駅前ビルの六階の名画座の前で、ずっと立って待っていた。 
 一時間も経ってしまうと、もう来ないんだなあ、というのがじわりと身に染みて来る。それでも何かの間違いかもしれないと、家に電話してみた。 
 「明人さんはおいでですか?」
 「朝から出かけて、いませんよ」 
 仕方がないので映画館にはいって、二人組が一世一代の詐欺を試みたあげく、最後に撃たれる、という劇を途中から見た。面白かった。最後に主人公が起きあがって、にやりと笑うのだもの。 
 外に出るのが恐くて、もう一度最初から見た。涙が出てくる。あたしたちはどこが間違っていたんだろう。

つづきはこちら→「石橋美紀 百物語」

note2011年5月7日(土)「震災支援チャリティライブ」 
高円寺ペンギンハウス
新井満さんの「自由訳 イマジン」の朗読をさせて頂きます。
詳しくはこちら。。

note2011年6月18日(土)「第9回 朗読の日」 
銀座博品館劇場
Bグループ(16:00~19:00)出演
1_4 21_3 

各公演のお問い合わせはお気軽に・・こちらまで。。

noteランキングに参加しています。
にほんブログ村 小説ブログ 朗読・リーディングへ
ポチっと応援よろしくお願いいたします。。

|

« 石橋美紀『流鏑馬』 | トップページ | 宮沢賢治『眼にて云ふ』 »

石橋美紀」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1431852/39844536

この記事へのトラックバック一覧です: 石橋美紀『The END』:

« 石橋美紀『流鏑馬』 | トップページ | 宮沢賢治『眼にて云ふ』 »