« 宮沢賢治『眼にて云ふ』 | トップページ | 宮沢賢治『なめとこ山の熊』 »

宮沢賢治『馬』

note朗読は引っ越しました「橋本美佳の朗読の部屋」

宮沢賢治『馬』

いちにちいっぱいよもぎのなかにはたらいて
馬鈴薯のようにくさりかけた馬は
あかるくそそぐ夕陽の汁を
食塩の結晶したばさばさの頭に感じながら
はたけのへりの熊笹を
ぼりぼりぼりぼり食っていた
それから青い晩が来て
ようやく厩に帰った馬は
高圧線にかかったように
にわかにばたばたいいだした
馬は次の日冷たくなった
みんなは松の林の裏へ
巨きな穴をこしらえて
馬の四つの脚をまげ
そこへそろそろおろしてやった
がっくり垂れた頭の上へ
ぼろぼろ土を落としてやって
もんなもぼろぼろ泣いていた

diamondお知らせdiamond

note6月18日(土)
「第9回 朗読の日」 銀座博品館劇場
Bグループ(16:00~19:00)出演
1 2
公演のお問い合わせチケットお申込みはお気軽に・・こちらまで。。

note「朗読カフェの時間です!」
「京都三条ラジオカフェ」(FM79.7MHz)
http://radiocafe.jp/←こちらでラジオを聴く事ができます!
毎週金曜日 pm12:07~pm12:10

『6月の放送予定』
6月は宮沢賢治特集です!

6月 3日 「眼にて云ふ」       橋本美佳
6月10日 「白菜畑」       中村幸恵
6月17日 「林と思想」「休息」 西村在子
6月24日 「ポランの広場」「ポラーノの広場」 菊地朋美

noteランキングに参加しています。
にほんブログ村 小説ブログ 朗読・リーディングへ
ポチっと応援よろしくお願いいたします。。

|

« 宮沢賢治『眼にて云ふ』 | トップページ | 宮沢賢治『なめとこ山の熊』 »

宮沢賢治」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1431852/40185321

この記事へのトラックバック一覧です: 宮沢賢治『馬』:

« 宮沢賢治『眼にて云ふ』 | トップページ | 宮沢賢治『なめとこ山の熊』 »