« 新美南吉『おじいさんのランプ』①(全6回) | トップページ | 新美南吉『おじいさんのランプ』③(全6回) »

新美南吉『おじいさんのランプ』②(全6回)

note朗読は引っ越しました「橋本美佳の朗読の部屋」

新美南吉『おじいさんのランプ』②

今から五十年ぐらいまえ、ちょうど日露戦争のじぶんのことである。
岩滑新田(やなべしんでん)の村に巳之助(みのすけ)という十三の少年がいた。 
巳之助は、父母も兄弟もなく、親戚のものとて一人もない、まったくのみなしごであった。
そこで巳之助は、よその家の走り使いをしたり、女の子のように子守をしたり、米を搗(つ)いてあげたり、そのほか、巳之助のような少年にできることなら何でもして、村に置いてもらっていた。 
けれども巳之助は、こうして村の人々の御世話で生きてゆくことは、ほんとうをいえばいやであった。
子守をしたり、米を搗いたりして一生を送るとするなら、男とうまれた甲斐がないと、つねづね思っていた。 男子は身を立てねばならない。
しかしどうして身を立てるか。巳之助は毎日、ご飯を喰べてゆくのがやっとのことであった。
本一冊買うお金もなかったし、またたといお金があって本を買ったとしても、読むひまがなかった。 
身を立てるのによいきっかけがないものかと、巳之助はこころひそかに待っていた。

続きはこちら→『青空文庫』

diamonddiamondお知らせdiamonddiamond

いよいよ「朗読カフェの時間です!」始まります♪
「京都三条ラジオカフェ」(FM79.7MHz)
http://radiocafe.jp/←こちらでラジオを聴く事ができます!
毎週金曜日 pm12:07~pm12:10

『放送予定』
2月 4日 サトウハチロー「ことばはやさしく美しくひびきよく」 菊地朋美
2月11日  創作詩「足音」 中村真穂
2月18日 高村光太郎・智恵子抄「深夜の雪」 中村幸恵
2月25日 芥川龍之介「詩集」 志摩欣哉
3月 4日 宮沢賢治「注文の多い料理店 序文」 橋本美佳
3月11日 夢野久作「狸と与太郎」 網干美樹

是非、お聴きくださいませnotes

noteランキングに参加しています。
にほんブログ村 小説ブログ 朗読・リーディングへ
ポチっと応援よろしくお願いいたします。。

|

« 新美南吉『おじいさんのランプ』①(全6回) | トップページ | 新美南吉『おじいさんのランプ』③(全6回) »

新美南吉」カテゴリの記事

コメント

『おじいさんのランプ』
思わず聞惚れてしまいました。

天涯孤独な巳之助が、どのように荒波を乗り越えて行くのか気がかりです。
余韻が残ります。

投稿: 六 | 2011年2月 3日 (木) 15時37分

note六さん
コメントありがとうございます!
こちらにも書き込みして頂いていたのですね。。
超カメレスでごめんなさいm(__)m

「おじいさんのランプ」も残すところあと2回!
結末をお楽しみに♪

投稿: mika | 2011年2月16日 (水) 23時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1431852/38589431

この記事へのトラックバック一覧です: 新美南吉『おじいさんのランプ』②(全6回):

« 新美南吉『おじいさんのランプ』①(全6回) | トップページ | 新美南吉『おじいさんのランプ』③(全6回) »