« 宮沢賢治『虔十公園林』 | トップページ | 宮沢賢治『手紙 一』 »

宮沢賢治『やまなし』

note朗読はこちらに引っ越しました「橋本美佳の朗読の部屋」

宮沢賢治  『やまなし』

小さな谷川の底を写した二枚の青い幻燈です。  

一、五月  

二疋(ひき)の蟹(かに)の子供らが青じろい水の底で話てゐました。
『クラムボンはわらつたよ。』
『クラムボンはかぷかぷわらつたよ。』
『クラムボンは跳てわらつたよ。』
『クラムボンはかぷかぷわらつたよ。』 

上の方や横の方は、青くくらく鋼のやうに見えます。
そのなめらかな天井を、つぶつぶ暗い泡が流れて行きます。
『クラムボンはわらつてゐたよ。』
『クラムボンはかぷかぷわらつたよ。』
『それならなぜクラムボンはわらつたの。』
『知らない。』 

つぶつぶ泡が流れて行きます。蟹の子供らもぽつぽつぽつとつゞけて五六粒泡を吐きました。
それはゆれながら水銀のやうに光つて斜めに上の方へのぼつて行きました。 
つうと銀のいろの腹をひるがへして、一疋(ぴき)の魚が頭の上を過ぎて行きました。

noteランキングに参加しています。
にほんブログ村 小説ブログ 朗読・リーディングへ
ポチっと応援よろしくお願いいたします。。

|

« 宮沢賢治『虔十公園林』 | トップページ | 宮沢賢治『手紙 一』 »

宮沢賢治」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1431852/38131680

この記事へのトラックバック一覧です: 宮沢賢治『やまなし』:

« 宮沢賢治『虔十公園林』 | トップページ | 宮沢賢治『手紙 一』 »