« 宮沢賢治『雨ニモマケズ』 | トップページ | 宮沢賢治『よだかの星』② »

宮沢賢治『よだかの星』①

note朗読は引っ越しました「橋本美佳の朗読の部屋」

宮沢賢治作 『よだかの星』

「よだかは、実にみにくい鳥です。
顔はところどころ、味噌をつけたようにまだらで、くちばしはひらたくて、耳までさけています。
足は、まるでよぼよぼで、一間とも歩けません。
ほかの鳥は、もう、よだかの顔を見ただけでも、いやになってしまうという工合でした。」

よだかの星 (日本の童話名作選) Book よだかの星 (日本の童話名作選)

著者:宮沢 賢治
販売元:偕成社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

noteランキングに参加しています。
にほんブログ村 小説ブログ 朗読・リーディングへ
ポチっと応援よろしくお願いいたします。。

|

« 宮沢賢治『雨ニモマケズ』 | トップページ | 宮沢賢治『よだかの星』② »

宮沢賢治」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1431852/37795882

この記事へのトラックバック一覧です: 宮沢賢治『よだかの星』①:

« 宮沢賢治『雨ニモマケズ』 | トップページ | 宮沢賢治『よだかの星』② »