« 宮沢賢治『松の針』 | トップページ | 宮沢賢治『雨ニモマケズ』 »

宮沢賢治『無声慟哭』

  

note朗読は引っ越しました「橋本美佳の朗読の部屋」

『無声慟哭』    宮沢賢治

こんなにみんなにみまもられながら
おまえはまだここでくるしまなければならないか
ああ巨きな信のちからからことさらにはなれ
また純粋やちひさな徳性のかずをうしなひ
わたくしが青ぐらい修羅をあるいてゐるとき
おまえはじぶんにさだめられたみちを
ひとりさびしく往かうとするか
信仰を一つにするたったひとりのみちづれのわたくしが
あかるくつめたい精進のみちからかなしくつかれてゐて
毒草や蛍光菌のくらい野原をただよふとき
おまへはひとりでどこへ行こうとするのだ
( おら おかないふうしてらべ )
何といふあきらめたやうな悲痛なわらひやうをしながら
またわたくしのどんなちひさな表情も
けっして見遁さないやうにしながら
おまへはけなげに母に訊くのだ
( うんにゃ ずゐぶん立派だぢゃい けふはほんとに立派だぢゃい )
ほんたうにさうだ
髪だっていっそうくろいし
まるでこどもの苹果(りんご)の頬だ
どうかきれいな頬をしてあたらしく天にうまれてくれ
( それでもからだくさぇがべ )
( うんにゃ いっこう )
ほんたうにそんなことはない
かへってここはなつののはらの
ちひさな白い花の匂でいっぱいだから
ただわたしはそれをいま言へないのだ
( わたくしは修羅をあるいてゐるのだから )
わたくしのかなしさうな眼をしてゐるのは
わたくしのふたつのこころをみつめてゐるためだ
ああそんなに
かなしく眼をそらしてはいけない

noteランキングに参加しています。
にほんブログ村 小説ブログ 朗読・リーディングへ
ポチっと応援よろしくお願いいたします。。

|

« 宮沢賢治『松の針』 | トップページ | 宮沢賢治『雨ニモマケズ』 »

宮沢賢治」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1431852/37613446

この記事へのトラックバック一覧です: 宮沢賢治『無声慟哭』:

» 生き抜くため幾多の苦難と戦う、人生という旅(東北新幹線) [脳挫傷による見えない障害と闘いながら・・・]
 福島県郡山市に在住し東北新幹線が開通し、東北の地に来たが、人生という旅で、生き抜くため幾多の苦難と闘ってきただろうか?   ↓クリックよろしくお願い感謝。致します m(__)m にほんブログ村 ...... [続きを読む]

受信: 2010年11月18日 (木) 09時52分

» 生き抜くため幾多の苦難と戦う、人生という旅(東北新幹線) [脳挫傷による見えない障害と闘いながら・・・]
 福島県郡山市に在住し東北新幹線が開通し、東北の地に来たが、人生という旅で、生き抜くため幾多の苦難と闘ってきただろうか?   ↓クリックよろしくお願い感謝。致します m(__)m にほんブログ村 ...... [続きを読む]

受信: 2010年11月18日 (木) 09時58分

« 宮沢賢治『松の針』 | トップページ | 宮沢賢治『雨ニモマケズ』 »